【ウォーキングで太もも痩せできる!?】効果的な歩き方と2つのポイント

スポンサーリンク

せっかくダイエットでウォーキングを始めたなら、
ただ歩くだけではなく、痩せたい部分を引き締めたいですよね。

やっぱり気になる部分といえば太もも!

でもウォーキングをすることで、
逆に太ももが太くなったと感じる人もいます。

本当にウォーキングで太もも痩せをすることが、
できるのでしょうか?

ここではウォーキングで、
太もも痩せを効果的にする方法をご紹介します。

3つのポイントをおさえればウォーキングでお腹周りのダイエットができる!?

間違った歩き方をしていると太ももが太くなる!?

ウォーキングをしたら太ももが痩せるどころか、
太くなったと感じる人もいると思います。

太くなったと感じる人は、
間違ったウォーキングをしている可能性が高いです。

ウォーキングをするときに姿勢が悪い状態で歩いてしまうと、
太ももの外側に筋肉がついてしまいます。

太ももやせをするためには、
内側の筋肉を意識して使うようにしましょう。

太もも痩せに効果的なウォーキング方法

  • 背筋を伸ばし、体の重心がまっすぐになるように立つ。
    (上から引き上げられて、体の中心に線が通っているイメージ。)
  • 意識的にお腹は引っ込める。
  • 目線は遠くを見る。
  • 大きな歩幅で、かかとから着地する。
  • 後ろ脚をのばした状態で残すイメージで歩く。

太もも痩せをするためには、
太ももの筋肉を意識的に使う必要があります。

モデルのような歩き方をイメージするのが、おすすめです。

後ろ脚を残すときに、
太ももの筋肉を意識します。

そうすることで太ももの筋肉を使うことができ、
太もも痩せに効果的です。

また内もも痩せをしたいなら、
平均台の上を歩くように、足を少し交差させるイメージで歩きます。

そうすることで、
内ももの筋肉を使うことができます。

スポンサーリンク

太ももの皮下脂肪を落とす2つのポイント

上記の方法でウォーキングをしてもなかなか痩せれない場合は、
他のダイエット法と組み合わせると効果的です。

1、筋トレと組み合わせる

ウォーキングで効率よく太もも痩せをするには、
筋トレと組み合わせるのがおすすめです。

ウォーキングの前に筋トレをすることで、
脂肪の燃焼率を高めてくれます。

太もも痩せに適している筋トレが、
スクワットです。

スクワットは太ももの筋肉を使うので、
脚やせに最適です。

また体幹を鍛えることができるので、
ぽっこりお腹を引き締めることができます。

ウォーキング前に、10回スクワットをするようにしましょう。

慣れてきたら少しずつ回数を増やし、
30回できるようになれば足痩せ効果大です。

2、マッサージをする

太ももがなかなか痩せれないという人は、
皮下脂肪がセルライトになっている恐れがあります。

セルライトとは皮下脂肪が同じ場所に長く付くことにより、
皮下脂肪と老廃物が結合してできたものです。

セルライトは皮下脂肪より、
落すのが難しいです。

セルライトを落とすには、
マッサージが効果的です。

皮下脂肪に刺激を与えることで、
落ちやすい状態にしてくれます。

すぐには効果ができないので、
毎日マッサージをすることが大切です。

ウォーキングで足痩せするには長期的に続けることが大切!

ウォーキングは足痩せに効果的なダイエット法ですが、
やり方を間違っているとなかなか痩せることができません。

また長期的に続けなければ、
結果を得ることはできません。

特に脂肪がセルライトとなってしまっている場合は、
半年から1年は続ける必要があるでしょう。

痩せれない人は、
結果がすぐにでないので挫折してしまう人が多いです。

でも正しい方法で長期的に続ければ、
結果は必ずついてきます。

まずは続けることを、意識してみましょう。

ウォーキングを1ヶ月続けて痩せれる人と痩せれない人の3つの違い

ダイエットに効果的なウォーキングは距離より時間が重要!?