糖質制限中に鍋料理を食べてOK!?注意すべき食材は!?

スポンサーリンク

寒くなると食べたくなるのが鍋料理!

食べるだけで体の内側から温まるので、
冬にはかかせない料理です。

しかも食材を切って煮込むだけなので、
調理も簡単♪

そんなお手軽な鍋料理ですが、
糖質制限ダイエット中に食べても大丈夫なのでしょうか!?

ここでは糖質制限中に鍋料理を食べる時の注意点を、
ご紹介します。

アボカド1個の糖質は何g!?糖質制限ダイエット中でも食べて良い!?

鍋料理具材の糖質は高い!?それとも低い!?

鍋料理の具材で1番に思い浮かぶのは、
白菜ではないでしょうか!?

白菜の糖質は低いので、
糖質ダイエット中にも適した食材といえます。

白菜100gの糖質は1.9gと低いので、
鍋1人分大体300gとしても5.7gになります。

そのため白菜たっぷりの鍋料理は、
お腹を満たしてくれ、ダイエットにもぴったりです。

ちなみに大根の糖質は100gあたり2.5g、
人参の糖質は100gあたり4.7gです。

大根も根菜の中では糖質が低い方なので、
鍋料理に入れても大丈夫でしょう。

人参は、いろどり程度に入れるのがおすすめです。

ちなみに鍋料理によく入れる定番の具材の糖質は、
以下の通りです。(100gあたりの糖質)

  • しいたけ…1.4g
  • しめじ…1.3g
  • えのき…3.7g
  • 豆腐…0.5g
  • 長ネギ…2.2g
  • しらたき…0.1g

鍋料理の具材はどれも糖質が低く、
糖質制限ダイエットをしていても、
お腹いっぱい食べることができます。

ちなみに豚肉、牛肉、鶏肉の糖質はほぼ0。

お肉は、糖質制限の強い味方です。

お鍋に入れたらおいしい魚の糖質は、
以下の通りになります(100gあたりの糖質)

  • さけ…0.1
  • ぶり…0.3
  • さんま…0.1
  • たい…0.1
  • たら…0

貝類の糖質は、以下の通りです。

(100gあたりの糖質)

  • ホタテ(ひも)…1.5g
  • ホタテ(貝柱)…4.9g
  • あさり…0.4g
  • はまぐり…1.8g
  • 牡蠣…4.7g

牡蠣は少し糖質が高いので、
食べ過ぎには注意しましょう。

牡蠣100gは、
だいたい5個分くらいになります。

5個以上たべなければ、
特に問題なく食べても大丈夫そうです。

スポンサーリンク

糖質制限中の鍋料理で気にするべきはスープ!

具材は低糖質のものばかりでも、
スープのことを見落としがち。

低糖質の白菜でも、
高糖質のスープがしみ込めば、
糖質アップにつながります。

またスープがおいしいからといって、
ぐびぐび飲むと、
糖質を摂取してしまうことになります。

鍋スープの低糖質ランキング

  1. 魚介・鶏系のちゃんこやよせ鍋
  2. 味噌やとんこつ系しょうゆ
  3. ごま豆乳やキムチ鍋

ヘルシーな豆乳鍋が、
実は1番糖質は高いんです。

ただ1人前(240g)あたり12gなので、
各段に高いわけではありません。

糖質を気にするのであれば、
ちゃんこや寄せ鍋スープがおすすめです。

鍋料理は糖質制限中の強い味方♪

お肉や魚、魚介に加え、
お鍋に入れる野菜やキノコは低糖質なものばかりです。

なのでたくさん食べても、
糖質をあまり気にする必要はありません。

ただ豆乳やキムチスープは、
糖質が高めなので注意しましょう。

また締めの麺やごはんはもちろんNGなので、
どうしても食べたいときは、
糖質0麺を入れましょう。

調理もとっても簡単なので、
ぜひ糖質制限中でも鍋料理を楽しみましょう。